メールでマーケティングをするポイント

商売を始める時やすでに商売を始めているときは、様々なマーケティング方法を実践していることが大事です。マーケティング方法はどの方法でもいいわけではありません。自分たちにとって一番効果があるマーケティング方法を見つけるべきです。これを見つけるためにはいろいろな方法を模索してみるしかありません。なぜなら、ほかの会社が成功したという方法でも自分の会社に合うかどうかがわからないからです。これは学生時代の勉強と同じです。勉強ができる人のまねをしても参考にはなるかもしれませんが、同じように結果が出るわけではないのです。いろいろ試していく過程の中で、セールスマンを利用するよりも、メールを利用してセールスをしていった方が効果はある場合も考えるでしょう。この場合にはそれを利用したビジネスを行うべきです。

作成するときの注意点についてはどうか

ではメールでビジネスをする場合、どのような点に注意をしたらよいでしょうか。ポイントの一つに、最初は無料で提案することをお客さんに告げることがあります。どういうことかといえば、最初から有料のものを売りつけてもお客さんはなかなか買ってくれないでしょう。もちろんその会社自体がすでにそういったビジネスをしていて過去に実績があるのであれば別ですが、新規参入したような人たちがいきなり有料のものを売りつけても、現実にはなかなか難しいです。そこで、最初は無料で何かを提供していきます。例えば味噌を売っている場合であれば味噌のサンプルを相手方に届けます。もちろんすべての人に届けるわけではなく要望があった人にだけでいでしょう。そうすることで最初の第一歩目を簡単に上ってもらうことができます。

お客さんのメリットになることを説明する

メールのビジネスに限ったことではありませんが、セールスをするときは最初勘違いしてしまいがちです。どのような勘違いが多いかといえば、商品の説明をしてしまうことです。もちろん商品の説明は必要ですが、最初に商品の説明をしてしまうようであれば、おそらく反応率は非常に悪いでしょう。お客さんは商品そのものに興味があるわけではありません。ではいったいどのようなことが必要なのでしょうか。まずは、お客さんにとってどのようなメリットがあるかを文書の中で説明することが重要になります。例えば、塩を売る場合には単に使用が料理に使われることをアピールするのではなく、その塩を使うことによって人間がどのように変化をしていくかということを述べてみてもいでしょう。例えばその塩を使っておいしい料理を作り、家族が笑顔になれるのであれば、それがお客さんにとって大きなメリットです。

あらゆる業種の企業様にご採用いただいております。 専任のサポートスタッフが、問い合わせから最適な活用方法まで幅広くサポートさせていただきます。 メールマーケティングにかかるコストを大幅に短縮できる次世代のメール配信システムです! わかりやすい12種類の分析機能をご用意しています。 12種類以上の多角的でわかりやすい分析機能搭載! 最低ご利用期間は1ヶ月。いつでも最適なプランに変更可能です! 【WiLL Mail(ウィルメール)】がメールマーケティングをサポート致します!