マーケティングにはダイレクトメールが人気

マーケティングをダイレクトメールで行うとすると、まるで調査する方法のような気がしてきますが、調査だけがこの言葉の意味ではありません。相手に気に入ってもらえるように商品をアピールしたり、取引の方法を教えること、売買の取引自体を指したり、顧客に対するサービスなど、たくさんの意味を含んでいます。商品の販売に関する一連の方法のことだと覚えておけば十分ですが、一昔前までだと営業マンが訪問したり、手紙で商品をアピールするといった方法が行われてきました。ところが、インターネットが瞬く間に普及したことによって、電子データとして相手に送信したり、または返信してもらう手段も頻繁に使われるようになっています。電子データならではの強みがあるのが、人気を集めている理由です。

大量に送っても費用が驚くほど安く済む

電子データに頼ったダイレクトメールでマーケティングをすれば、驚くほどコストダウンが狙えます。営業マンが訪問するやり方だと人件費がとても高くつきますので、大手企業などの予算が潤沢にあるところしか実践できません。手紙を送る方法は昔からとても人気のある手段ですが、印刷費はまだ節約できても、問題となるのが郵便料金です。大口の契約をしなければ1通あたりの費用がさほど安くならず、ある程度の量では莫大なコストがかかってしまいます。電話やファックスによる手段も存在しますが、電話代がかかるだけでなく相手に迷惑をかける確率が高い方法のため、使い所が難しいのが欠点です。以上の方法に比べれば、電子データならば毎月定額のインターネット料金を契約しておけば、大量に送信してもコストが嵩んでしまう危険がありません。

日にちや時間帯をずらす方法が試しやすい

電子データ以外の方法だと、日にちや時間帯を狙って実行するのが困難です。営業マンや電話をかけるスタッフをいつでも自由に使うことなどできませんし、手紙に頼る方法では配達日数や時間について配送業者の方針に従うしかありません。インターネットを使った電子データによるダイレクトメールのマーケティング方法ならば、日にちや時間帯の調整が自由にできます。専用ソフトの自動送信システムを利用することで、大量の電子データを送るにしても、決まった日にちや時間帯に楽に送信できます。深夜や夜明け前などの眠っている時間帯でも問題ありません。この方法を利用することで、相手の誕生日や在宅中の時間帯などを狙って送信することができます。世代別に分けて、見てもらいやすいタイミングをはかって送ることも可能です。