マーケティングをメールでする際のおすすめ方法

マーケティングをメールで行いたい場合まずは母数を増やしておく必要があります。それはひいてはメール読者の数を増やすということにほかなりません。何はなくとも商品に興味のある読者を集めることです。とにかく数が集まればそれ以降の改善は行いやすいです。しかしながらモノやサービスを5件売ろうとした際に見込み客が10人しかいない場合。1/2以上の方に購入してもらわないといけません。このような状態では到底達成することができません。母数となる読者の数をまずは増加させることこれにつきます。仮に10000人もの読者が集まれば0.05%の購入率で目標となる5件を達成することができます。販売しようとする商品金額にもよりますが数千円から数万円の価格帯であれば実現可能性はきわめて高くなります。

どのようにして効率よく読者を集めるのか

メール読者、見込み客を集めるためにはアドレスの登録率を上げる必要性があります。ランディングページと呼ばれるアドレス登録用の専用ページを作成します。このページではアドレスを登録することによって得られるメリットをこれから登録しようとする人に理解してもらうことが重要です。マーケティング業界ではランディングページの登録率は重要視されています。1アドレスあたりに見込まれる利益を計算することで、広告に使う費用を計算することができるからです。アドレスの登録率が上がるということは10000人の人がランディングページを見たときに登録率0.01%で1人か登録率1%で登録者100人と仮定した場合。登録者が増えれば増えるほどマーケティングは成功する可能性も高まりますからよりよいランディングページへ向けての改善は日々行っていくことが重要です。

読者を集めた後はどうすればよいのか

メールマーケティングのために読者の獲得がうまくいったとしても、最終的な目的である商品やサービスを購入してもらわないと成功とはよべません。どのようにして購入率を上げるのかその方法は様々あります。その中でも読者からの信頼を得るという方法が一番効果的です。信頼を得るには2通りの方法があります。1つは読者に役立つ情報を定期的に配信し読者から信頼される発行者になること。もう1つは読者とメルマガという媒体を通じて交流を深めていくという方法があります。これ以外にも読者に信頼される方法はありますが、根本は顔が見えない分を補うメリットや楽しさを読者に提供して信頼関係を構築していくというベースに基づいていれば心配せずに思い切って挑戦してみることです。そうした挑戦に共感してくれる読者は商品を買ってくれる熱烈なファンになってくれます。