メールでマーケティングを成功させるコツ

メールでのマーケティングには人を行動させる何かが必要になります。それは商品自体の価値であったり、メールを作成した人となり、いわゆるキャラクターを信頼して買っていただいたりということです。顔が見えないからこそ、信頼できる根拠となるものが送付した文章の本文になければ信用してもらえません。しかしながら一度信用して購入していただき満足していただけると、今度は逆にその信頼というものがライバル企業やサービスとの差別化となり参入障壁として働いてくれます。顧客を囲い込むことができてリピート販売を可能にさせてくれるのです。こうした信頼を勝ち取ることこそがメールマーケティングを成功させるための一番のコツといえるのです。信頼を勝ち取るためにはどのような施策をうっていけばいいのかをご紹介させていただきます。

定期的に発行することで信頼関係を構築する

マーケティングの施策は山ほどありますが結局のところ人々の信頼を勝ち取る作業が根底はあります。信頼を得る事にフォーカスすると日常生活からも色々なヒントが隠されています。たとえば、時間をきっちり守ること。これは信頼関係を構築する一番のベースとなるマナーですね。しかしながら発行者はそうしたことに意識を向けません。ここでひとつ定時に発行してみることです。定時に発行するには不断のたゆまぬ努力が必要なことも容易に想像がつきますね。購入見込みのあるお客様もそのことに気づきます。毎日私たちのために時間を作って伝えたいことを整理して、噛み砕いてわかりやすいような本文で送ってきてくれる発行者。一方、気分しだいで不定期に思いついたときや売り込みたい商品があるときにしか文章を送ってきてくれない発行者。いったいどちらから購入したくなるかは一目瞭然です。こうした背景が見える努力をお客様は評価してくださいます。

交流することで信頼残高を高める

メールを送るということは一方的になりがちでもあります。読者からの意見や反応が薄かったりするとなおさらです。こうした状態では、本当にお客様が何を考えているのかということがわかりにくい場合もあります。そうしたときには思い切って、アンケートや参加型の企画を通じて読者の方とコミュニケーションを図ることで、意見や反応が返って来る可能性が高まります。また自分自身が意見したものに責任感や参加意識が芽生え、意見を反映させてくれた商品を購入してもらいやすくなります。発行者が赤の他人から知人へと関係性が変化する瞬間でもあります。こうした交流などをきっかけに反応ががらりと変わることも多くありますので、本文で意見を取り上げて返答を書いてあげることで、一方的な発行作業ではなく交流へと発展させていきましょう。