太陽光発電☆徹底リサーチ

ホーム > 太陽光発電の豆知識 > 太陽光発電の今後の発展に大いに期待したいものです

太陽光発電の今後の発展に大いに期待したいものです

最近私たちが家の近くを散歩していて、よく目にするのか住宅の屋根にたくさん備え付けられているのがソーラーパネルでないでしょうか。
また田舎にお出かけすれば以前は農地だったところにソーラーパネルがぎっしりと敷き詰められています。
これは一体どういった状況の変化なんでしょうか。
それは太陽光発電を目的とするソーラーパネルでした。
それでは、なぜこれほどソーラーパネルが流行しているのかといえば、それには理由がありました。
太陽光を利用した発電では二酸化炭素がまったく発生しません。
地球温暖化対策としてこれ以上に良い方策はないでしょう。
そればかりではありません。
普通の住宅でソーラーパネルを使ってできた電気はその住宅ですぐに消費されますが、 発電量が多いと残ってしまいます。
余った電力は電力会社が買い取ってくれます。


このような理由で私たちの周りには最近太陽光発電設備がこれほど増えてきているのです。
太陽光は英語でソーラーと言われます。
それで太陽光発電は英語ではソーラー発電と呼ばれています。
英語で発電所はパワープラントです。
ですからアメリカでは太陽光発電のことは一般的にソーラーパワープラントと称されています。
住宅の屋根に設置されているような小さな規模のものはミニソーラーパワープラントなどと称されているのです。
日本でも、あるいは地球の裏側のアメリカでもソーラー発電は大流行しています。
それは第一に地球環境に優しいからです。
二酸化炭素などの温室効果ガスを全く発生しませんので、各国はこぞってソーラー発電を推奨しています。
なぜなのでしょうか。
それで地球温暖化が抑制できるからにほかなりません。
地球温暖化対策としてこれ以上優れた方策はありません。


太陽光発電は太陽の光エネルギーを使って発電するという特別に優れた仕組みを持っています。
太陽の光は人類が可能な限りたくさん使っても、それが減ってしまうことがありません。
太陽光は無尽蔵なのですから。
人類が繁栄を続ける間、 すべての期間にわたってそのメリットを享受することができます。
地球温暖化の元となる温室効果ガスを全く発生しないメリットに加えて、音が大変静かです。
静かであると評判の原子力発電所にしても、タービンが回る音や蒸気が噴出する音は大きいです。
ソーラー発電ではどうでしょうか。
全く音がしません。
発電所の周りの環境はほとんど100%元のままの形で残されます。
このように環境にとても優しいので太陽光発電がこれだけ世の中に浸透してきたということではないでしょうか。
太陽光発電の今後の発展に大いに期待したいものです。

次の記事へ