太陽光発電☆徹底リサーチ

ホーム > 太陽光発電の豆知識 > 太陽光発電はアメリカで開発された技術です

太陽光発電はアメリカで開発された技術です

太陽光発電は地球の裏側のアメリカで開発された技術です。
それは西暦1958年に遡ります。
アメリカの人工衛星で採用されたのが初めてです。
なぜそれが開発されたのでしょうか。
それには深い理由がありました。
人工衛星にたくさんの燃料を積んでおくことができなかったからです。
そのため太陽光を利用することを思いついたというわけです。
遠い宇宙でも太陽光はどこまでも降り注いでいます。
その太陽光を電気に変えて人工衛星の動力としたのです。
これは全く画期的な技術でした。
当時のソーラーパネルの発電量は微々たるものでした。
ですがいまどき使われているソーラーパネルの発電量は物凄いです。
今は世界中でソーラー発電が利用されているような時代となりました。
この地球上で 現在使われているソーラー発電の発電量は303 ギガワット以上になっています。


ソーラー発電がここまで増えてきたのには理由があります。
それはソーラー発電が二酸化炭素を全く発生しない発電システムであるからです。
化石燃料発電では二酸化炭素を中心とする温室効果ガスがたくさん空気中に撒き散らされます。
それで人類は、気が付いて見たら、地球の温度が上昇していたということなのです。
地球の温暖化現象は人類が経験する様々な 災難災害の中でも一番大きなものではないでしょうか。
南極や北極の氷が溶け出してそのため海の海面が上昇しているということです。
これはハワイのワイキキビーチでも大変な問題となっています。
このままではワイキキビーチは遠からず消失してしまうからです。
そうならないためには対策が必要です。
一番大切なことは空気中に二酸化炭素を撒き散らさないことです。
そのために一番適切なのが太陽光発電ということになります。


こんなわけで今では世界中の国々が太陽光発電に注目し、開発を促進するようになりました。
今では世界の国々の中で太陽光発電をやっていないような国は見かけません。
昔はソーラーパネルといえば日本のお家芸でした。
性能の良いソーラーパネルが比較的安価で世界中に販売されたのでそれは飛ぶように売れました。
今ではどうでしょうか。
同じ性能を持つ中国製や韓国製に押されている状態です。
この状態は家庭電化製品でも全く同じことがいえます。
今日本が世界で対等に戦えているのは自動車産業だけです。
ソーラー発電は地球環境にとてもやさしい発電システムです。
エコライフは人類が永久に目指すべきターゲットです。
今後もソーラー発電の需要が落ちることはないでしょう。
今後の太陽光発電の動向から目が離せません。
ますますそれは発展していくのではないでしょうか。

次の記事へ