太陽光発電☆徹底リサーチ

ホーム > 太陽光発電の豆知識 > 太陽光発電はソーラーパネルを使用して発電するシステム

太陽光発電はソーラーパネルを使用して発電するシステム

今日は太陽光発電について記事を書きます。
一体太陽光発電とはどういった発電なのでしょうか。
それはその名が示すとおり太陽電池を利用して太陽光のエネルギーを電力に変換するというシステムなのです。
具体的に申し上げますと、例えば私たちの家の屋根に太陽電池が並べられたソーラーパネルを設置します。
夜があけて昼間の太陽が燦々とソーラーパネルの上に降り注ぐと、すぐに電気が発生するのです。
その電気は簡単な家庭内配線を通してすぐに私たちの家庭で利用することができます。
発電所と私たちの家を結ぶ送電線が全くないので発電の方式としては最高のシステムであるということができます。
送電線の設備を全く省略することができるからです。
発電された電気はすぐ使わないとなくなってしまいます。
それを防ぐために充電器を使っているご家庭が大変多いです。


それでも余分な電力は残ります。
そのような時に頼りになるのが電力会社から余った電力を買い取ってもらえるという売電のシステムです。
これは地域によってその kw 当たりの単価が違ってきます。
太陽光発電はソーラーパネルを使用して発電するシステムであるためソーラー発電と呼ばれることもありますが、太陽光発電もソーラー発電でも全く同じ意味です。
その発電に使われるのがソーラーパネルだということになります。
ソーラーパネルの先駆けは日本でしたが、最近では世界の各国がソーラーパネルの開発に力を入れ出して、その技術がどんどん伸びてきましたから、今では日本と全く変わらないようなソーラーパネルを日本よりも安い値段で生産できるようになりました。
これからの日本がしなければならないことは、これらのソーラーパネルの品質の向上です。
単位面積あたりの発電量の多いようなソーラーパネルを開発しなければなりません。


太陽光発電の仕組みは太陽電池を並べて作られたソーラーパネルを使って発電します。
太陽光は再生可能エネルギーと呼ばれています。
使ってもなくならないという意味です。
同じようなエネルギーには風力や水力あるいは地熱などがあります。
それらを利用した発電は風力発電、水力発電、それに地熱発電と呼ばれています。
どの発電も化石燃料のように資源が枯渇するということがありません。
日本のような資源に乏しい国には、とても嬉しい発電のシステムではないでしょうか。
たとえ資源がなくても、太陽は人々の上に平等に降り注ぎます。
そうであれば私たちが歩むべき道は決まっています。
発電も太陽光発電を中心とする再生エネルギー利用の発電に切り替えるべきなのです。
それで日本国民全員が豊かで幸せな生活をすることができます。
資源がなければ頭で考えるのが必要です。

次の記事へ